楽天カードはブラックリストに載っても作れるという噂は本当?

楽天カードはブラックでも作れるって本当か?

楽天カードは審査など甘くすぐに持つことができるクレジットカード、という話などは良くネットで見かけます。また中には「ブラックでも持てた」などの情報まであったりします。

 

 

ではそのような「ブラック」の方は本当に楽天カードを持つことが出来るのでしょうか?凄く気になりますよね?

 

 

結論から言いますと、ブラックリストに入った状態で楽天カードを申し込んでも、審査に通ることはありません。

 

 

また、楽天カードだけではなく、他のクレジットカードも基本作れません。ブラックリストに載るということは、自分の社会的な信用を失ったことです。

 

 

しかし「ブラックでも持つことができた」と書いているので、気になると思います。恐らく、ブラックといってもいくつかの状態に分かれると思います。

 

 

例えばブラックといっても以下のようなブラックがあります。

 

 

遅延(数日など遅れて支払いを過去に何度かしたことがある)

この遅延に関しては基本ブラックとは言いません。ただ、何度もお支払いが遅れているのであれば、ブラック入りする可能性も含まれていますので、カードの審査などに影響を及ぼす可能性があります。

 

 

ですがクレジットカードは作れる状態でもありますので、特に心配をする必要はないと思います。もし楽天カードを作りたいのであれば、申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

 

申し込みブラック(短期間で一気にカードを申し込む行為)

申し込みブラックについては状況によると思います。あまりにも申し込み件数が多いと制限される可能性は高いと思われます。しかしそこまで問題はないでしょう。

 

 

ということは遅延もしくは申し込みブラックの方はクレジットカードを作ることができます。ただ、申し込みブラックの方はすぐにカードを作るのではなく、半年開けてから作るのが良い、と言われています。

 

 

これはカードを作ったという情報が半年登録されているからです。それでは、ではどのようなブラックの状態の方がカードを作れないのか?

 

 

このようなブラックの方はカードを作るのが難しい

 

延滞(3か月以上など支払いをしていない状態)

クレジットカードやローンなどの支払いをしていない状態のことです。3か月以上延滞すると「ブラックリスト入り」すると言われています。こうなると審査はかなり厳しいです。

 

 

債務整理(個人再生・自己破産等)

債務整理や自己破産などを行った方は完全にブラックリストに入っていますので、クレジットカードの審査を通過することは厳しいです。

 

 

社内ブラック(特定の会社内で利用されている情報)

社内ブラックはある意味一番きついブラックの状態、とも言われています。過去にその会社から借りていたお金を放置した、などの理由により社内ブラックになる場合があります。

 

 

該当している場合、その会社でのクレジットカードなどを作ることは出来ない、と言われています。

 

 

延滞や債務整理をした人はカードを持つことができないのか?

 

じゃあ上で挙げたこのような金融事故を起こして、ブラックリスト入り(異動情報が登録)した人は、2度とクレジットカードを持つことができないのか?という疑問があると思います。

 

 

昔、Q&Aサイトなど書いてあったのですが、このような金融事故を起こすと二度とクレジットカードやローンを組むことはできない、という書き込みなどもありました。

 

 

しかしそのようなことはございません。安心してください。債務整理など(個人再生・自己破産)をした人でもクレジットカードを作ることはできます。

 

 

当然ですが銀行などのローンも場合によっては組むことも可能です。但し、踏み倒し(放置状態)の方はクレジットカードやローンなどをするのが厳しい可能性があります。

 

 

ブラックでもカードを作れる理由とは

ではなぜ「ブラックリスト」に登録されている人が楽天カードなどのクレジットカードを持つことができるのか?答えですが「ブラック情報はある程度の時間が経つと消える」からです。

 

 

ブラックリストに登録されている期間というのがあり、この期間を過ぎるとブラックの情報が消えますので、ブラックの情報が消えてからクレジットカードを作る、というのが一番の良い方法となります。

 

 

ちなみにCICなどの個人信用情報機関に登録されている期間ですが、3ヶ月以上の延滞で5年間、債務整理などですと約5年間、自己破産などですと約7年間となっております。

 

 

ですのでもしクレジットカードを作る、となると最低でも金融事故があってから、5年は経たないとクレジットカードを作ることはできないのです。

 

 

もし結構時間も経過しているようであれば、一度申し込みをするのもいいかもしれません。また申し込みをするタイミングですが、結構適当でもいいと思います。

 

 

「もう5年経ったかな」などご自身の良いタイミングでクレジットカードに申し込むといいでしょう。もし落ちたら、また間隔を開けて再度申し込みをすればいいだけの話ですので、そこまで気にしなくてもいいと思います。

 

 

ちなみに過去に私も金融事故を起こしましたが、7年間経ってクレジットカードに申し込みをしたのですが、普通にカードの発行ができました。

 

 

また、ブラックの状態でもカードが作れた、というのは「たまたま」の可能性もあります。例えば、審査で過去の情報まできちんと見ていなかった、など「偶然」があるものです。

 

 

変な話ですがある意味「ラッキー」ですよね。このようなことが稀にあるようで、クレジットカードを発行できたものと思われます。

 

 

ですが基本的にブラックリストに登録されている状態で、クレジットカードなどは作ることは出来ませんので、そのような状態で申し込むのであれば審査は必ず落ちると思っておいてください。

 

 

どうしてもクレジットカードが必要という場合

 

ブラックの状態でクレジットカードが必要、という方もいるでしょう。ネットの買い物などクレジットカードですと支払いが楽ですので、カードがあると助かりますよね。

 

 

このような場合はクレジットカードと似たような機能を持った「デビットカード」というのがありますので、クレジットカードの代わりに作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

デビットカードは使った分の金額を即、自分の口座より引き落とし出来るというもの。上戸彩さんのCMなどでも有名ですよね。

 

 

デビットカードは審査なしでカードの発行を行っていますので、高校生でも持つことができるカードでもあります。

 

 

なのでクレジットカードとは違って、カード会社が立て替え、という感じではなく、引き落とし口座に入っている金額が「限度額」という感じになります。

 

 

代表的なカードとして「楽天銀行VISAデビットカード」があります。楽天銀行に口座を開設しなくては使えないのですが、クレジットカードが必要ならばお勧めのカードです。

 

 

クレジットカードの審査対策ってあるの?

クレジットカードの審査に通りやすくする為に、しておきたい事などもあります。では具体的にどのようなことがあるのでしょうか?以下にまとめてみました。

 

嘘の情報を書かない

結構嘘をつくのが多い箇所として「年収」があります。決して嘘の情報を書いてはいけません。例えば年収が200万円なのに、年収400万円、とかにするパターンです。

 

 

もしこのようなことがバレてしまったらどうしますか?最悪「社内ブラック」になってしまう可能性だってあるのです。もちろん他にも色々と審査を通過したい為に、アピールをするために嘘の情報を入力してしまう人もいます。

 

 

しかし嘘をついてカードを申し込むのは絶対にやめましょう。後の事を考えると悪いことしかありませんので。

 

 

キャッシングは0円がいい!

キャッシングとなると審査はきつくなります。ショッピング枠とキャッシング枠、2つがありますがどちらかというと、ショッピング枠に関しては審査も緩いと言われています。

 

 

その反面、キャッシング枠に関しては審査が厳しい、と言われており、基本はキャッシング枠は0円にして申し込む方がいいでしょう。ですがもし申し込む場合は出来るだけ少なめにしておくと良いです。

 

 

なぜなら、貸金業法では1社あたり50万円を超える融資を受ける場合と他社を含めて100万円を超える融資を受けている場合には、収入証明書の提出が法律により義務付けられているからです。

 

自己申告のみで審査を受けられる金額範囲を把握しておけば、収入証明書の提出は法律上の義務では無くなります。

 

カード会社と信用取引実績を積み上げる前に、多額の利用限度額を希望すると自ら審査ハードルを引き上げてしまうことになりかねません。